弁護士法人アドバンスに借金の無料相談をしてみました

借金
弁護士が怖くて借金の相談をする一歩が踏み出せない方
昔弁護士に嫌な思いをしたし弁護士って敷居が高いし怖いな。
そんなこんなで借金について相談したいけど躊躇している。
もっと気楽に相談する方法はないのかな。
こういった疑問に答えます。

弁護士法人アドバンスに借金の無料相談をしてみました

弁護士法人アドバンスなら気軽にチャットで借金の無料相談ができます。

>>>弁護士ナビ


名前も不要で匿名でいいし勿論住所もいらないんです。

だから弁護士に電話するのは、ちょっと抵抗が‥という方も安心です。
料金うんねんよりもとりあえず弁護士に一度相談してみたいというのもいいかもしれません。
債務整理の相談は何度でも無料でしかも24時間受付で全国対応だから至れり尽くせり。
説明もわかりやすいし料金体系も明確です。

また3万人を超える任意整理・過払い金回収の実績があるスタッフが常駐しているので、安心して相談できます。

チャット相談のやり方

100万円以下
101万円〜300万円
301万円〜500万円
501万円以上

から借金総額を選択してチェックを入れる。

 

借り入れ先の会社名をクリック
アイフル
アコム
オリコ
ニコス
プロミス
楽天カード
レイク
この中にはない

の中で当てはまる借り入れ先にチェックをいれる。

 

今すぐ弁護士に対応してもらいたい事があれば記入する。
例 取り立てがきついのでなんとかしてほしいなど

 

名前を記入する。
匿名希望なら空欄でよい

電話番号を入力する
現状をふまえベストな解決方法を電話で教えてもらえます。
勿論無料だから安心。

チャットで相談後電話で借金内容について詳しく聞かれあなたにあった債務整理の方法を教えてもらえます。

弁護士法人アドバンスの無料相談例

弁護士法人アドバンスに寄せられる具体的な無料相談例をご紹介します。
借金相談は大体こんな感じなんじゃないかなと思います。
自分に当てはまる点も多いのではないでしょうか。

取立てに追われている

毎日携帯に取立ての電話がじゃんじゃんかかってくる。
そのうち会社にも電話がくるのでは?と眠れない毎日をおくっている。

リボ払いの返済がなかなか減らない

毎月の弁済額が定額なのをいいことにあれやこれやクレジットカードで買いまくってしまい返済しても返済しても元金が減りません。
どうしたらいいでしょうか?

毎月の返済額が苦しくてどうすればいいのか

毎月の弁済額が高額で毎月返済をすると給料がいくらも残らず、生活が困窮している。
毎月の弁済額を減らすことはできないでしょうか?

借金の返済に困ってしまい・・どうすれば?

どうやっても返せない借金を背負ってしまい途方にくれている。
どうしたらいいでしょうか?
以上のような借金の悩みならほぼ弁護士法人アドバンスにて解決できます。

弁護士法人アドバンスは法テラスと提携している

債務整理をしたいけど司法書士や弁護士に依頼する費用が払えないという場合、弁護士法人アドバンスは法テラスを利用して債務整理をすることができます。


法テラスでは、財産や収入が基準以下の場合、民事法律扶助制度の利用が可能です。
民事法律扶助制度を利用すると法律相談が無料で受けることができ司法書士や弁護士に債務整理を依頼する際の費用も通常より安くなります。

また司法書士や弁護士の費用を法テラスに立て替えてもらい分割で返していくこともできます。
生活保護受給者のかたは費用が安くなったり免除を受けられることもあります。

法テラスで債務整理をする手順

  1. メールか電話で債務整理をしたいと言う
    費用が捻出できないから民事法律扶助制度を利用したいと伝える。
  2. 無料で法律相談を受ける
    一案件につき3回まで無料で一回の相談時間は30分。
  3. 債務整理を依頼する
    債務整理をしたいと思ったら司法書士や弁護士費用の立て替えを申し込む。
    審査に通ったら法テラスより担当の司法書士や弁護士を紹介される。

無料相談といえどたいしたことを聞かれるわけではなく、

どこにいくら借りているか
借金をした理由
今まで債務整理をしたことがあるかの確認
月収
借金総額
債権者名
どこの業者にいくら借りているか
借りた時期
最後に借りた時期
貯金はあるか
家は一戸建てか賃貸か

家と車以外の財産はあるか

くらいです。

本来であれば法テラスを利用する場合弁護士や司法書士を選ぶことはできませんが、信頼できる弁護士や司法書士がいれば持ち込みという形で法テラスに依頼できます。

ですから弁護士法人アドバンスに無料相談をして気に入ったら、弁護士法人アドバンスに法テラスを利用したいと申し出てください。

なお生活保護受給者は、生活保護費を借金の返済に充てた場合、生活保護の支給を止められてしまう可能性があります。
ですから生活保護を受けている方が債務整理をする場合には、生活保護受給者は法テラスを使って自己破産するのが普通です。

任意整理や個人再生など分割返済を必要とする整理方法を選択することはほとんどありません。

生活保護受給者は法テラスを使って自己破産するのが普通です。

法テラスを使って債務整理する注意点

法テラスを利用する際の注意点を二点挙げておきます。

法テラスは取り立てを止めるまで時間がかかる

法テラスを利用するには審査があるからです。
ですから今すぐに取り立てを何とかしてほしいという方には法テラスの利用は向きません。
まず予約をしてそれから相談、援助の審査、弁護士の選定とさまざまな手続きを経ることになる。
債務整理をすると決めても審査があるためすぐに契約できるわけではないので、取り立てを止めるまでどうしても時間を要してしまうんです。
期間は最短で1週間、遅いと一か月
だいたい平均1〜2週間かかります。

審査に通らない場合がある

法テラスは資産や収入が一定以上あると審査が通りません。
詳しくは援助の審査をご覧ください。

 

 



 

 

タイトルとURLをコピーしました