結婚までに借金返済したほうがいい5つの理由

結婚を考えているけど借金がある人

結婚を考えているけど借金があってモヤモヤしている。
結婚までに借金返済した方がいいだろうけど‥でもどうやって、、
そこで結婚までに上手く借金返済する方法を教えてください。

こういった疑問に答えます。

結婚までに借金返済したほうがいい5つの理由

結婚までにできるなら借金返済した方がいいです。
なぜなら結婚とは恋愛とは違い生活することなので何をさておいてもお金が必要なわけです。
というか結婚はお金のかかることばかりではないでしょうか?
愛があればお金なんて‥という考えは現代においてはほぼ通用しませんので。
これから結婚までに借金返済した方がいい理由を具体例を交えて解説していきます。

借金が結婚相手にバレて離婚されるかも

結婚する時に借金があるのを知られているなら問題ないです。
しかし借金があるのを内緒で結婚したらバレて離婚されるかもしれないです。
男性からすると借金なんかある女性に家計を任せられない!と考えるし、女性からするとこれから色々お金が必要だっていうのにあてにならない!
と考えます。
女性はいつの時代もお金は男が稼ぐものと考えるところがありますよね?
それなのに借金がある男なんて話にならないとなり、離婚へと一直線となります。
男は、女性に借金があるのがわかっても最終的に離婚までには至らないかもですが、女性の場合は見切りが早いから注意です。
ごくたまに女性でもヒモのような働かない男を世話するのが好きという人もいますが、少数派です。
配偶者にバレない方法としてはまず家計をどちらが握るかが問題となりますが、女性が家計を握ってお小遣い制になったら一発でバレてしまいます。
なぜならお小遣いの額にもよりますがもし毎月のお小遣いよりも借金返済額が大きい場合は当然ながら毎月の返済ができません。
借金を抱えた方が家計を握る分には問題ないと言えます。

子供の教育費の捻出ができない

子供を作らない家庭も多いですが子供には教育費が想像以上にかかるんです。
ほとんどの家庭は教育費はこれくらい必要だから毎月幾ら幾らずつ貯めていこうといった感じで積み立てていきますが、借金返済をしながら教育費を貯めていくのは現実問題厳しいのではないでしょうか?
もし仮にカードローンなどを利用して借金をして教育費を捻出するにしても借金がある状況で審査に通るのか疑問です。
ご自身が学生だった頃を思い出していただければ大体わかると思いますが、一人あたり800万から2200万くらいかかります。
大学まで国公立で800万ですから。
中学、高校、大学が私立で大学入学とともに一人暮らしでも始めようものなら一体幾ら必要でしょうか?
大学浪人すれば予備校費用もかかります。
大学は奨学金でなんとかなるとお考えの方もいらっしゃると思いますが、できることなら親が出してあげたいですよね?

借金があると貯金ができない

借金があると当たり前ですが貯金ができません。
働いても生産性が全く感じられないです。
借金があるけど貯金はあるという方はさっさと借金返済してしまいましょう。
高い利息を払うのは本当に勿体無いです。
また借金があっても生活すること自体はなんとかなるかもしれないですが、お出かけやレジャー資金の確保が難しいです。その他多々かかります。
男が借金持ちで女性が資金に余裕があっても、女性に支払いをさせるのは抵抗ありますよね。
それに借金があり一番困る事はリストラなどで会社をクビになる事です。
男が借金持ちで会社をクビになったらほとんどの家庭は生活できないため間違いなく離婚の危機を迎えます。

借金があると生活にゆとりがない

借金があるとギスギスしますし、生活にゆとりがないためお金のことでケンカも増えます。
お金がないとケンカばかりになります。DVとかの原因になりかねません。

借金があると気持ちがスッキリしない

結婚というと一から心新たにスタートするといった感じがしますよね?
それなのに結婚当初から借金があったらどうでしょうか?子供ができちゃったでき婚なら仕方ないですが‥
借金があるとやはり気持ちがスッキリしないし将来への希望が持てないですよね。

 

タイトルとURLをコピーしました