任意整理するとしたら弁護士と司法書士どちらに依頼したらいいの?

債務整理

任意整理をする場合弁護士と司法書士どっちがいいんだろうと迷っている人

任意整理する際弁護士と司法書士どちらに依頼するか判断基準を教えてください。

という疑問に答えます。

 

任意整理するとしたら弁護士と司法書士どちらに依頼したらいいの?

任意整理を依頼するにあたって弁護士と司法書士どちらにするか迷われる方が多いと思います。
私もそうでした。

こで任意整理する際弁護士と司法書士どちらに依頼するか判断基準を解説していきます。

任意整理の腕は弁護士と司法書士どちらが優れてるか?

世間一般では弁護士の方が司法書士より優れていると思われがちですが任意整理を含む債務整理を得意分野とし、豊富な経験や実績を誇る司法書士も存在する為どちらとも言えません。

任意整理費用は弁護士より司法書士の方が比較的安い

任意整理の費用は弁護士よりも司法書士の方が安い場合が多いです。

任意整理の費用が安く任意整理の得意な司法書士は、債務整理の費用が安いのはどこの事務所か?にて紹介しています。

借金が140万を超える場合は弁護士が有利?

任意整理の対象としたい借金が140万円を超える場合は、司法書士に依頼することができません。
ただしこの140万は借金の総額ではなく、一社あたりの借金が140万を超えた場合です。
私も最初総額で140万と勘違いしていました。
過払い金についても同様で借り入れ先1社の過払い金が140万円を超えている場合司法書士は案件を受け持つことができません。
私の場合は、総額4社220万の借金でしたが一社あたり50万ちょいだったので司法書士に問題なく依頼出来ました。

ただ弁護士の方が140万の規制がないので有利かなと思うかもしれないですが、弁護士は全て面談が必要ですので契約に時間がかかるんです。
その点司法書士は、原則面談ですが面談の規制がないため全国対応が可能になり契約もスムーズにできます。
140万超の債権も基本的には書類作成で対応できます。

そのため地方にお住まいの方やお体の不自由な方は、140万を超えても司法書士でもいいかもしれません。

但し原則面談義務があります。

借り入れ先や金額不明の場合は弁護士

どこにいくら借りているか不明で過払い金なんてもっと分からないという場合は金額制限がない分弁護士に依頼した方が安心かもしれません。

訴訟代理権は司法書士は簡易裁判所のみ

任意整理を司法書士に依頼して訴訟がもつれ相手の業者に控訴されたら新たに弁護士に依頼し直す必要があります。
そこから弁護士を探して依頼しなおすとさらに料金がかかってしまいます。

まとめ

司法書士だと色々制限とかあって不安だなあ、やっぱり弁護士にしておいた方が無難だなと思われたかもしれません。

ですが普通に大手の業者からの借金で一社あたり140万以内に収まっていて長期延滞をしていない場合は訴訟まではいかないと経験上感じましたし、裁判になる業者は最初からある程度予測出来るわけだからそこの業者を任意整理の対象から外せば司法書士でも全く問題ないと考えられます。

腕のいい任意整理の経験豊富な司法書士の場合大体この業者はどのくらいで和解しないと裁判になるというのを把握しており、早め早めに和解するように務める為裁判になりにくいと言えます。

業者からするとなかなか和解しないから裁判にしてさっさと和解したいのが本音な訳ですから弁護士と司法書士どちらがいいということではなく、腕のいい弁護士や司法書士に依頼するのが任意整理を成功させる秘訣です。

腕のいい弁護士や司法書士は債務整理経験者の私がおすすめする事務所3社【全社相談0円】にて紹介しています。

債務整理が得意な事務所ランキング
1位 新大阪法務司法書士事務所
新大阪法務司法書士事務所

任意整理が得意
24時間365日受付
全国対応
一般的な弁護士事務所と比較して、任意整理は着手金0円、
基本報酬は1社につき2万円と安く設定されている

2位 弁護士法人ひばり法律事務所
名村法律事務所

自己破産・個人再生が得意
事務員と弁護士がベテランなのに格安料金
25年以上のキャリア

地方出張可能で無料で出張面談
地方の破産の問合せ歓迎

3位 司法書士法人杉山事務所

消費者金融が恐れる司法書士日本一
過払い金返還実績日本一
全国どこからでも相談無料!
出張査定も無料!自宅面談もOK

債務整理
jigokuowariをフォローする
借金地獄から脱出する効果的な方法とは?!悩むのは今日で終了!!
タイトルとURLをコピーしました