楽天カードの自動リボは勝手に一回払いをリボに?!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天カードが自動リボになっているのに気づかず高額利用してしまい困っている人

楽天カードのリボ払いは危険とよく聞くけど、、、自動リボ登録したのをうっかり忘れていて限度額まで使って初めて気づいた!
どうしたらいいか教えてください。

こんな疑問に答えます。

楽天カードの自動リボは勝手に一回払いをリボに?!!

楽天カードの自動リボというのは自動リボを登録している期間中に1回払いで買ったものが自動的にリボ払いに変更されるサービスです。
楽天の自動リボは登録もせずに勝手に一回払いをリボになることはありません。

ただし楽天カード申し込み時に、申し込み内容に自動リボ登録の選択項目が用意されています。自動リボ登録で300ポイントプレゼントとかよくありますよね。
その自動リボのところにチェックを入れた状態で申し込んだのなら自動リボが登録状態でカードが発行されます。

自動リボ登録するとポイントがもらえるということもありまあいいかという感じでチェックを入れてしまう人が多いのではないでしょうか?
自動リボに登録するとたとえ一回払いで商品を購入しても、自動的にリボ払いとなってしまうので注意が必要です。

店頭で一回払いでというのはスマートでいいんですけど。
自動リボに登録したのをうっかり忘れ、限度額まで使ってから自動リボに登録されているのに気づいて返済不能になってしまう方もいます。

いつも一回払いだからと勘違いしてしまうケースが多いです。

もちろん自動リボのところにチェックを入れない状態で申し込んだのなら自動リボは登録されていない状態でカードが発行されます。
自動リボの登録はカードが届いてから楽天e-NAVIで解除する事が出来ます。

ただし自動リボを解除しても自動リボを登録していなかった事にはなりません。
登録機関中に自動的にリボ払いに変更された分は解除したからといって自動的に1回払いに戻ったりはしませんので注意してください。
自動リボは解除しておくのが安心です。

なお自動リボから分割や一括払いに変更することは出来ません。
リボの残高の一部や全部を任意に増額して返済することなら可能です。
自動リボは後で解除することも出来ますから、利用したくなければ解除しておけばよいのです。

解除しておけばそれ以降に1回払いで買い物したものはそのまま1回払いで返済できるようになります。

解除前に1回払いで買い物した分については自動的にリボ払いに変わります。これは自動リボを解除しても1回払いに戻ることは有りませんのでお気をつけください。

繰り返しますが楽天カードは自分で自動リボサービスを登録しない限り、勝手に自動リボに切り替わることはありませんので安心してください。

楽天カードのリボ払いキャンペーンにのるな

楽天カードのリボ払いキャンペーンにのってはいけません。
楽天カードはとにかくリボ払いを勧めてきますが、すべて無視しましょう。

たとえば、
リボ払いに変更すると○○○○ポイントプレゼント
自動リボへの登録で○○○○円キャッシュバック
などのキャンペーンを頻繁に行っていますが、利用してはいけません。

なぜかというと一度リボ払いの味をしめるとリボだから大丈夫とあれこれ買い漁る癖がつくからです。

どうしても必要なものがある場合や後で繰り上げ返済できる場合は別です。
どうしても必要な物とは、男の場合は仕事用のスーツなど仕事に必要なあれこれ。
女性の場合は通勤用の洋服、化粧品など。

リボ払いキャンペーンを利用するとやり方によってはリボ手数料は少しの負担でかなりポイントがもらえます。
自動リボ登録を条件に決められた期間に決められた額を利用して、リボ登録をいつまで利用という期日を守って利用すれば必ず利益があり儲かります。

例えば自動リボで10万円を期日内に使い毎月の支払いを3万円以下で支払いをすると1万ポイントプレゼントというキャンペーンだとします。
この場合は、4回払いとなり利息2750円となります。
10万円使って7250円が儲かります。

10万円分の明細が上がってきたあとで繰り上げ返済すればもっと金利の削減になります。
ちなみに繰り上げ返済してもきちんと10万円使えばキャンペーンの対象となりますのでご安心ください。

ですがキャンペーン後自動リボを解除し忘れたり、リボ払いにしとけば定額払いだから安心だなみたいな感覚に陥って安易に買い物をしてしまい借金地獄になりやすいです。
楽天側は誰かしらが自動リボを継続して高額利用してくれるだろうというのが狙いなわけです。
カード会社は手数料が欲しいんです。
利用者も毎月5000円払ってればいいなら余裕余裕みたいな‥

ですので毎月の一括払いにも自動リボに変更できますと、何度もメールが届きますが無視してください。
一度自動リボキャンペーンに応募しても自動リボを解除するとまたしばらくしてから、別のキャンペーンのお知らせがきます。
まあポイントが手に入るからお得といえばお得ですがおすすめしません。

対処法としては楽天カード株式会社から届くメールの配信を停止するのも手です。

楽天カードのリボ払いって多額な手数料とられるの?

楽天カードのリボ払い手数料が多額になるかどうかはその時のリボ残高しだいとなります。

よくあるのが楽天カードを作った時に自動リボに登録したのを忘れ、限度額に達した事でリボ払いだと気づいたというパターンです。

大体毎月5000円とか10000円の設定にする人が多いみたいです。

100万円をリボ払いで使った場合で計算すると毎月5000円に設定した場合は、123回払いとなり支払い合計金額1,570,583円。支払い手数料(合計)は570,583円となります。
毎月10000円に設定した場合は、86回払いとなり支払い合計金額は1,483,155円、支払い手数料(合計)483,155円となります。

楽天カードのショッピングリボは実質年率は15%なので、1ヶ月あたりの利率は15÷12=1.25で、1.25%となります。
そして楽天カードのショッピングリボの手数料は毎月、前月末のリボ残高の1.25%で計算するようになっています。
たとえば今月27日に支払うショッピングリボの手数料は、先月末のリボ残高の1.25%となるのです。

ショッピングリボ残高が先月末の時点で100万円ある場合、今月に払うリボの手数料は1.25%である12500円です。

今月末になる前に100万円全額払ってしまえば今月末のリボ残高は0円になりますから、それ以降はリボの手数料は0円となります。
今月末日が来る前までに全額払わなかった時は残った額に対して1.25%が次の月に発生する事になります。
翌月以降もリボ残高が残っている限りはこの繰り返しとなります。

具体例としては、ざっくりとした計算ですが使った金額を800000万で5年間支払いを続けたとします。
すると年利15%×5年=600000円となります。
ちなみに7年間支払いを続けると840000円となり元金より手数料の方が高くなってしまいます。

楽天カードのリボ払いは一刻も早く一括返済した方がいい

楽天のリボ払いは、もし一括返済出来るだけのお金を所持しているのなら1日でも早く返済した方がお得です。

そうは言っても何があるかわからないから少しは貯金が必要と考えるかもですが、今すぐ返済に回した方がいいです。

なぜならリボ残高に日々利息が加算されてしまうからです。

いつか貯金よりも利息の方が高くなってしまいます。

一括返済したい場合は返済する予定の当日に楽天カードのコールセンターに電話して、リボ払いを一括返済したいと言うだけです。

すると当日迄の返済する正確な金額を教えてくれます。
当日中に振込みが難しい場合は翌日になった場合の振込み額も聞いておけば安心です。
今日振り込みされますか?後日支払いされる場合は、ご連絡下さいと聞かれますのでそれ程心配する必要はないです。

一括返済をしても借り入れ額に対して特別な手数料は掛かりません。
前回の支払いからリボ残高に対して日割りでの利息と、一括返済する時に楽天カードの専用口座に振込みをする振込手数料だけです。

ちなみに楽天カードのリボ払いを一括返済で、指定の口座に支払日よりも早く返済した場合でももちろん1%分の楽天ポイントはもらえますので損する事は何もありませんので心配は無用です。

楽天カードはリボ払いと分割払いではどちらが利息高いのか?

楽天カードは12回払い(年14.75%)までは分割払いの方が若干安くなり、それ以後なら年率はどちらも同じです。
楽天リボは年率15%です。

分割払いは手数料低いけど次々連続して利用すると月々の支払い金額が高くなる。

リボ払いは手数料高いけど連続して購入しても月々の支払い元金はほぼ一定。
そのかわり支払い期間が延びる。

ただし、リボ払いの方だと工夫をすれば、利息を抑えることが可能です。
工夫とは毎月低額の定額払いをしていくのではなくなるべく沢山払うという意味です。
毎月余裕があれば増額払いをしてボーナスで一括返済をするなどすれば分割払いよりも安く済むと思います。

どちらを使うかはご自身のお財布状況で使い分けるといいです。
リボは年率15%、分割払いだと以下を参考にしてください。

楽天カードのリボ払いを使いすぎたら債務整理

楽天のリボ払いを使いすぎたら債務整理を考える必要があります。

毎月少しは余裕があり増額返済ができたり、ボーナスなどで一括返済可能なら話は別ですが‥
毎月定額で支払いを続けても永遠に支払いが終わらず借金地獄に陥ってしまうからです。

別にそのまま支払いをしていればいつかは完済できるし、毎月定額を支払ってるからいいんじゃない?という方もいるかもしれません。

たしかにカード会社からしたら毎月手数料が入るわけですから問題ない訳です。
ちなみに楽天カードでポイントは手数料から発生しています。

しかし毎月毎月リボ払い手数料を支払っているのを忘れてはいけません。
ざっくりとした計算ですが使った金額を800000円として5年間返済を続けると、年利15%×5年=600000円
元の金額を足すと1400000円となります。
600000円も手数料を払うなんてバカらしくないですか?

毎月ある程度増額返済ができたり、ボーナスなどで一括返済可能なら問題ありませんが毎月定額支払いしか出来ないなどカツカツなら債務整理を検討する必要があります。

毎月定額しか返済出来ないと手数料が高額で損をするからです。

例えば債務整理の中の任意整理なら将来利息なしの元金のみの返済で済むので大変お得です。
150万を任意整理したら150万を支払いすればいいわけです。手数料はかかりません。

何はともあれ早く返済したい方には債務整理をおすすめします。

>>参考:債務整理したい人必見【債務整理の選び方がわかる】

任意整理にはデメリットがありますが一度検討してみるのもいいかもしれません。

任意整理のデメリットについては、任意整理するとどんなデメリットがあるのか具体的に教えて!!をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。