債務整理したい人必見【債務整理の選び方がわかる】

借金

債務整理したいけどの整理方法が自分に向いているのかよくわからないし、失敗しないか不安でもモヤモヤしている。
債務整理についてわかりやすく教えてくださいという人向け
本記事を読むことによりどの整理方法が自分に向いているかおおよその検討がつきます。
弁護士や司法書士に相談する前に一読することにより、債務整理に関しての不安が軽減されると考えます。

債務整理したい人必見

債務整理したいと漠然と考えてはいるけど誰にも相談できず知識がないため不安で行動に移せない人は多いと思います。
そこで債務整理の基本的な3つの方法について解説していきます。

任意整理に向いている人

  • 家族や会社に内緒でしたい場合(何がなんでも絶対内緒)
    弁護士や司法書士が受任通知を債権者に送ると貸金業法上、職場や家族に連絡してはならないという決まりがある。
  • 何度も事務所に行けない場合
    事務所に行くのは基本一回で済む。
  • 除外したい債権者がいる場合
    この業者は任意整理するけどここはしないという選択ができる。
    友人や会社、親戚などからの借金を除外できる。

任意整理の特徴

弁護士や司法書士が債権者と個別に交渉して和解という形で返済していく方法です。

>>参考:任意整理を考えてるんだけど手順を教えて!

基本将来利息をカットして3年から5年で長期分割返済できるから毎月の返済額を少なくできる。
家族や職場に知られずに整理できる。
借金を整理する借り入れ先を選べる。
任意整理のデメリットに関しては任意整理するとどんなデメリットがあるのか具体的に教えて!!にて解説しています。

自己破産に向いてる人

  • 支払い能力がなく任意整理ができない。
  • 無職の方や生活保護を受けている方など
  • かなりの借金があって収入に比べて借金の金額が大きくどう考えても返済できない。
    財産がない。
  • 職業が資格制限にかからない。

自己破産の特徴

自己破産は借金をゼロにしてすべての支払い義務が免除されます。
手続き完了後強制執行による差押えがなく、99万までは財産として残せます。

なお自己破産のデメリットに関しては自己破産するとどんなデメリットがある?【見ておくべき】にて解説しています。

個人再生に向いてる人

  • 自己破産するほどではないが任意整理では支払えないような多額の借金がある場合
  • マイホームを手放したくない場合や処分したくない財産がある場合
  • 給料の差押えを受けている場合
    個人再生手続き開始後差押え中止手続きをすると、強制執行が一旦とまる。
    最終決定で強制執行が取り消された場合に、会社から支払らわれなくて残っている給料をもらえる場合もある。
    しかし会社が債権者に支払いをしてしまっている場合もあるから注意。
  • 保険の外交員や警備員、証券マンなどの職業についている場合
    自己破産は人の財産を管理する職業についている場合一旦辞めないといけないが、個人再生は職業制限がない。
  • 借金の原因がギャンブルや浪費の場合で高額な場合
    ギャンブルや浪費の場合基本自己破産できない(反省文提出で認められる場合もある)が個人再生は認められる。

個人再生の特徴

生命保険や資産(車など)を持ったまま手続きできる。
任意整理と違い借金が大幅に減額される。
住宅ローン以外の借金が5分の一に減額し、3年から5年で返済する。
住宅ローンは、これまで通り返済していく。
減額後の借金を返済すればその他の財産は守られる。
借金の原因をあまり問われずに借金減額できる。

個人再生をする際の注意点に関しては、個人再生する際の注意点【見ないとあとで後悔する】

にて解説しています。

債務整理で失敗したらどうなるの?

債務整理をしたいけど失敗したら怖いなと考える方もいると思います。
ですが本サイトで紹介している債務整理が得意な事務所ならほぼ失敗について考えなくていいです。

>>参考 :債務整理経験者の私がおすすめする事務所3社【全社相談0円】

債務整理の失敗例と対策

任意整理で数%利息付きの返済になってしまった

これから通常利息付きで返済していくよりは全然ましであるし、そもそも弁護士や司法書士に相談した時にこの業者は将来利息なしで可能ですか?と確認していれば問題ない。

大手の業者であれば交渉力のある事務所に依頼すれば心配いらない。
いいかえれば事務所選びは大事です。

任意整理に限らず債務整理のするにあたり成功するかどうかは事務所選びにかかっているといっても過言ではありません。
ですので事務所選びに自信のない方は、債務整理の事務所の選び方で失敗しない為の3つのコツ【決定版】を一度ご覧ください。

免責が認められない

借金の原因がギャンブルや浪費で免責が認められない場合でも個人再生で解決できます。

自己破産・個人再生がダメ

任意整理があります。
借金額や収入のあるなしにもよるができることならデメリットの少ない任意整理で解決したほうがいいからある意味良かったと言える。
働いていないならなんとしてでも仕事を探して収入を得るように努力して、任意整理できるように頑張りましょう。
任意整理は社員でなくパートやアルバイトでも毎月の決められた(確実に返済できる無理のない金額)支払いさえできれば問題ないからです。

日雇いのアルバイトであっても支払いができればOKなんです。

例えば200万の借金があったとして任意整理するとします。

200万を60回払いの場合はほぼ毎月35000円支払いになります。

将来利息なしで毎月35000円支払いになったら毎月35000円をきちんと支払いができれば5年で返済できます。

日雇いでも実家暮らしならこれくらいは毎月支払い可能だと思います。
勿論職場に在籍確認などありませんので安心して下さい。

債務整理の選び方のまとめ

最初はなんとかして任意整理できないかどうかを検討してもし5年間の60回の分割払いにしても返済できないくらいの借金があるなら自己破産か個人再生を検討する。

そこでマイホームを手放したくない、資格制限にかかる、借金の原因がギャンブルや浪費の場合は個人再生を検討する(任意整理は勿論可能)。

家や車などの財産もなく資格制限もない普通のサラリーマンであれば個人再生しても意味がないため任意整理が難しいなら、自己破産をするのが得策であると言えます。

 



 

タイトルとURLをコピーしました