借金減額診断すると何かリスクはあるのか?

借金

借金減額診断をしてみたいけどリスクが気になる人

最近ネットで借金減額診断についてよく見かける。
興味あるけどけど正直中身がどうなっているかわからないから不安なんだよね。
借金減額診断すると実際どんなリスクがあるのか教えてください。

という疑問に答えます。

借金減額診断すると何かリスクはあるのか?

 

借金減額診断をしてみたいけどリスクが気になってやるかどうか迷っているという方も多いと思います。
そこでリスクとまではいきませんが借金減額診断をするにあたり気になるだろうと思われる点を解説していきます。

借金減額診断は電話番号の入力が必須である

 

借金減額診断の結果を受け取るのに電話番号の入力が必須となります。
連絡先は結果の通知に使われることになります。

メールのみで結果を受け取ることはできません。
借金減額診断で電話番号が不要なところはほぼ無いと思います。

なぜなら診断結果を詳細に説明するのにどうしても電話が必要になるからです。

その際に借り入れ先の詳細を聞かれることになります。
借金減額診断の後電話はすぐにかかって来ることが多いです。
ですからどこの業者にいくら借りているかは最低限すぐに答えられるようにしておきましょう。

なお個人情報はしっかりと管理されていて入力した電話番号が他の業者に渡されるということはありません。
しつこいセールスなどがきて家族にばれたりする心配ももちろんありません。

借金減額診断はこちら
>>>司法書士 東京総合法務事務所

借金減額診断通りに借金が減額されるとは限らない

どれくらい借金が減額されるかは債務整理を受任してもらう段階にならないと正確にはわかりません。
なぜなら自分が申告している借金額と債権者から開示された金額に相違がある場合などがあるからです。

つまりはどこにいくら借りているのかを把握していない人が意外と多いわけです。

そのため、自分ではこれくらいなら任意整理で大丈夫じゃないかと考えていても実際個人再生や自己破産でないと難しいこともあるわけです。
ですから借金減額診断では借金減額ができそうですと診断されても実際は減額できないこともあるので注意が必要です。

何がいいたいかというとつまり借金減額診断は最終的な金額と多少の差異が出るということです。

実際にどれだけ減額されるかは個人の背景にも起因してくるため借金減額診断では一般的な数値で算出するしかないのです。


借金減額診断の結果はあくまで参考程度に受け止めるのがいいです。

借金減額診断とは何なの?

借金減額診断とは自分が債務整理をした時にいくら借金を減額できるのかが簡単にわかるサービスです。
借り入れ件数や金額、住んでいる地域や電話番号メールアドレスなどの少ない情報入力だけで試算結果を案内してくれる司法書士事務所運営のサイトのことを借金減額診断サイトといいます。

無料・匿名で使えて借金状況に関する簡単な質問に答えて借金を減らすための方法を無料でアドバイスしてもらえます。

実際にそのまま減額するために司法書士に依頼するかどうかは診断結果を見た上で決める事ができるので、あまり減額出来なさそうなら断れば済むので悩む必要はないです。

借金で悩んでいるなら一度診断してみて、借金を減額できる可能性があるなら債務整理するデメリットと比較した上で判断すれば問題ないです。

借金減額診断サイトはこちら
>>>司法書士 東京総合法務事務所

借金減額診断をするメリットは何か

借金減額診断をすると多少のリスクがありますがそれに勝るメリットも多々あります。

借金減額診断は匿名でしかも無料

借金減額診断自体は無料でお金が発生するのは債務整理をしようと決めて司法書士に依頼してからです。
借金減額診断をしたからといってすぐ司法書士への費用が発生することはないので安心してください。
もちろん診断をした途端に債務整理を申し込んだという扱いにはなりません。
司法書士も減額診断をしたからといって強制的に債務整理しろとは言いません。
話を聞いてみてやっぱり債務整理はやめておこうと思ったら断れば済む話しです。
借金減額診断は、本名を明かす必要がないため法律の専門家に相談するのが怖い方におすすめの方法とも言えます。

スマホから簡単スピーディに診断できる

スマホやPCがあれば5つから7つくらいの質問に答えるだけだから1分から3分くらいで出来ちゃいます。
24時間いつでも利用できるので忙しい方でも移動中や出先からも申し込みできるので簡単で便利です。

自分がどの方法で債務整理をするべきかがわかる

自分はこの方法で債務整理したいと思っていても現実にはその方法では難しいという場合が多々あります。
もちろんどの債務整理方法でいくか決めるのは自由です。
ですが借金減額診断をして電話で診断結果を案内してもらえば、法律の専門家によるアドバイスでより良い方法が見つかるはずです。

減額するためには債務整理をする必要があり、借金を本当に減らしたいなら状況に応じた債務整理方法を選んで依頼する事になります。

タイトルとURLをコピーしました