借金癖が治った画期的な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

借金癖が病的に治らない人

借金癖は病気だから治らないという人もいるけど本当にそうなのかな。
借金癖が治った人がいるならどうやって治ったのか知りたい。
借金癖は一体どうやったら治るんだろう?

こんな疑問に答えます。

借金癖が治った画期的な方法

借金癖が治った画期的な方法とは債務整理をしたことです。

基本働いていて安定収入があるなら任意整理、働いていないもしくは多額の借金の場合は大抵の場合自己破産となります。

なぜ債務整理して借金癖が治ったかというと、債務整理すると借金したくても出来ない状況になるため強制的に借金癖が治ったわけです。

債務整理がどんなものか知りたい方は、債務整理したい人必見【債務整理の選び方がわかる】をご覧ください。


債務整理をすると完済後5年から7年は大手ではお金を借りることは出来ません。
信用情報機関に記録されているからです。

クレジットカードに関しても審査の甘いところはありますので審査に通る可能性はありますが、キャッシングの機能はほぼ付かないと言えます。

ですから完済後5年から7年もキャッシングやカードローンを利用できなければ、ほとんどの人は強制的に借金癖が治ると言えます。

借金癖が治れば貯金もできるようになるので一石二鳥です。

中小の金融では実は借りれるところがあったりしますが、取り立てが厳しいため借りたら痛い目にあうでしょう。
一度痛い目にあうのもいいかもしれませんが、おすすめしません。

結局は自分自身との闘いなので借金できない環境を作るのが一番です。
親や配偶者がお金の管理をすれば治るのでは?と考えるかもですが治りません。
なぜなら内緒で借金をするのは容易だからです。
借りる時も得に郵便物もこないし、携帯で完結できてしまうからです。

借金癖が治らないと離婚されるかも

借金癖が治らないと離婚されるかもしれないです。
普通に考えて家計が成り立たないからです。

隠れて借金→発覚→離婚
隠れて借金→発覚→その都度家族が立て替え返済→いつまでも貯金できない→家計圧迫→離婚
というパターンが多いです。

配偶者や親が立て替え返済が一番ダメなパターンで何度も何度も繰り返すためたちが悪いです。
立て替えしなければいいのかもですが、子供がいたりして今すぐ離婚出来ない場合などは仕方ないんですよね。
また借りる時はバレなくてもなんらかの時に必ず発覚するので、隠し通せません。

借金癖は何もしないでは全く改善しないし同じことの繰り返しで治らない場合がほとんどのため離婚されてしまうんです。

ですから見切りをつけられないうちに専門家に相談したほうがいいかもしれません。

>>参考:債務整理経験者の私がおすすめする事務所3社【全社相談0円】

借金癖は病気の一種

借金癖は借金依存性であり自分でコントロール出来ない場合は病気の一種であると考えられます。
借金癖のある本人は自分は病気だとは間違っても考えてはいないですが、自分で治せないなら病気と変わらないです。自覚があったらさらに問題です。

借金癖のある人は欲しいものは欲しいから我慢しないで買うし、お金を借りて好きなものを食べたりブランド物を買ったりを平気でします。

普通の人は借金をせずに給料の範囲内で欲しい物を買い、ブランド物はボーナスで購入したり毎月の出費と折り合いをつけて分割払いで購入するなどするものです。

ギャンブルに関しても同じで今度こそでるから、当たるからという理由で借金してまでやってしまいます。

また借金癖のある人はお金がない時は節約するなどという概念はありません。
キャッシングやカードローンのカードは自分の銀行のキャッシュカードと勘違いしている場合がほとんどです。
カードの限度額は自分の貯金と考えています。

借金癖と育ちの関連性は大いにある

借金癖と育ちの関連性は大いにあると考えます。

その理由として一つは、子供の頃から自由なお金があり我慢しないで欲しい物を購入してきた場合。

二つ目は、逆に育った家があまり経済状況が良くなく欲しいものが買えない家に育った場合。

前者の場合は子供の頃からの習慣で借金しても欲しい物を何でもかんでも買うので、借金をする事自体悪い事とは考えていません。

問題なのは後者で子供の頃から欲しい物を我慢して育った為、その反動から借金してまで欲しい物を買ってしまうのです。

かくいう私も家が裕福でなかったため、オシャレをしたい中学や高校時代に洋服など全く買えなかったことから反動で借金癖がついてしまいました。

中学時代ならまだしも高校時代ならバイトでもして洋服くらい買えばいいのでは?と思われるかもですが、うちの親がバイトを許さなかったのです。
学生がバイトする必要ない、勉強してろ!みたいな感じでした。
バイトはやらせてもらえずなおかつお金はくれませんでした。

そんな環境で育った為貯金はおろか洋服に限らず欲しい物は借金してまで買うようになってしまったのです。

借金癖の原因はそもそも何なのか?

借金癖の原因は仕事や家庭内のストレス発散がほとんどだと考えます。

何か満たされない感情やイライラを好きなものを食べたり、欲しい物を買ったりして満たしているのです。

思い当たるふしのある方は多いのではないでしょうか?

確かに食べたい物を食べると気分が落ち着くし、欲しい物を買うと欲求が満たされてスッキリします。
オシャレをしていい格好をする事でそれなりの人間になったような感覚になるんですね。

たいていの人もこのような傾向はあるのですが、普通は給料の範囲内でするのです。
今日は給料日だから寿司食べるぞーとか欲しかった〇〇〇を買うわという感じです。

ですが借金癖のある人は借金してまで食べたり買ったりしてしまいます。

おまけに借金癖のある人は見栄っ張りの性格である場合が多く、借金をしてまでいい洋服やブランド物を購入したり、さらにはお金もないのに人に奢ったりして借金をさらに増やしてしまいます。

要するに根源的に見栄っ張りでええかっこしいの性格が災いしているのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。