任意整理するとどんなデメリットがあるのか具体的に教えて!!

任意整理のデメリットが気になる人

任意整理をしたら支払いは楽になるみたいだけど、デメリットが気になって仕方ないです。
任意整理のデメリットについて具体的に教えてください。


という疑問に答えます。

任意整理するとどんなデメリットがあるのか具体的に教えて!!

任意整理は裁判を介さずに話し合いで解決するので個人再生や自己破産と比べて失うものも特になく、柔軟に解決が可能です。


しかし任意整理をすることによりデメリットが発生します。
任意整理のデメリット代表例としては、任意整理をすると信用情報(JICC、CIC、全国銀行協会の3つの信用情報機関があります)に登録されます。

いわゆるブラックリストです。
信用情報機関に登録されると基本的に完済後5年間はクレジットカードを作れないし、ローンを組むことは出来ません。

なお任意整理の手続きを取った業者のカードは解約になります。
それではこれから任意整理をする上でのデメリットを具体的に解説していきます。

任意整理するとブラックリストへ登録されます

任意整理するとブラックリスト入りとなります。
信用情報機関JICC、CIC、KSCに情報登録(移動と記される)され、完済から5年間ほどは新規の借入れやローンを組むことなどが非常に難しくなります。


ちなみに任意整理を行ったご本人の情報のみの登録であり、ご家族の情報が登録されることはありませんのでその点は安心して下さい。

つまり任意整理をした本人はクレジットカードが作れなくなっても、家族の方は作れます。

またクレジットカードが作れなくなり(例外あり、任意整理しても作れるカードもありますのでそんなに悲観する必要なし)任意整理しなかったクレジットカードも基本使えなくなります。

使えなくなるというのは、任意整理をしてもしばらくは今まで通り使えますが更新時にカード会社が信用情報機関を見る事により、任意整理をしたのがわかり更新カードが送られてこなかったりします。

とりあえずは更新までは使えるかというと、そうとも言えません。
なぜならカード会社は更新時でなくても定期的に途上与信をしているため任意整理をしているのがわかってしまうからです。
限度額が下がったり、一括払いのみになる場合もあります。


あとカードの増額申請はしてはいけませんし、高額商品の購入は控えましょう。
とにかく信用情報機関をのぞかれる行為は一切しないことです。

任意整理は借金をゼロにする事は出来ませんが、将来利息をカットしたり、あわよくば借金元金を減額出来る事もありメリットも大きいです。


任意整理をすることによりローンが組めなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりしますが完済後5年経てばローンの審査も通るしクレジットカードも使えるようになります。

和解交渉に応じてもらえないことがある

最近は、和解の条件が厳しい業者が増えています。
任意整理に応じてくれる業者でも,分割回数を制限したり(今まで5年以内でよかったのが3年以内に返済になる)また利息(任意整理は基本将来利息をカットだが数パーセントの利息が付く)を付けなければ和解してくれないようなところもあります。


大手の消費者金融などは機械的に応じてくれるところが殆どみたいですが、ワンマン経営的な金融会社は中々応じないらしいです。
ただし分割回数を減らされるのは毎月の返済額が高くなり厳しいですが、数パーセントの利息が付くのは受容範囲です。

なぜならこれから先ずっと通常利息で支払っていく事を考えたら数パーセントの利息付きでも総額ではかなりお得なんです。


どうしても将来利息を完全カットしてほしいなら弁護士や司法書士に相談する時にご自身の借り入れ先を言って、この業者は100パーセント利息カット出来ますか?と聞いてみましょう。

任意整理の経験豊富な弁護士や司法書士ならそのあたりは熟知されていますから。

任意整理は支払いは免除されない

任意整理は返済していく手続の為収入がなければ利用できません。
ですから毎月きちんと返済していく強い意志と安定収入が必要となります。

安定収入があればアルバイトやパートでも問題ありません。
任意整理は毎月の支払いが滞りなくきちんと出来ればいいのです。

ですから病気や失業等で返済出来なくなると自己破産せざるをえない状況に陥る場合がありますから注意が必要です。

任意整理は減額できない場合が多い

自己破産や個人再生と比較すると、債務を減額させる効果が高くありません。
借金の元金を減額してもらうのはなかなか難しいのが現状です。


過払い金が発生していれば話は別ですが、現在ではほとんどの貸金業者が利息制限法の範囲内の利息で取引をしているため過払いになっている事はほとんどなく元金の減額はより難しくなっています。


まれに弁護士や司法書士の交渉力により、長期にわたり返済を続けている場合などに元金が減額される可能性がありますが業者はめったに応じません。


応じるとしたら自己破産を匂わした時で自己破産されたら業者は大きな損失となる訳で、自己破産されるくらいなら元金を減額して返済してもらおうという事です。

etcカードが使えなくなる

任意整理するとetcカードが使えなくなるので気をつけてください。

etcカードがどうしても必要だからとクレジットカードを一枚任意整理しないで残したとしても、年に何回かある途上与信、更新時に任意整理したことが発覚してクレジットカードが使えなくなる場合が殆どです。

したがって同時にetcカードも使えなくなってしまいます。

仕事でや通勤で車を使う方は、審査なしで作れるetcカードを作るなどして対処してください。
審査なしで作れるetcカードについては、etcカードは審査なしで作れるの?【ブラックでクレカなし】をご覧ください。
審査なしで作れるetcカードは、作成するのがかなり面倒ですので任意整理をする際はよく考えてください。

任意整理のデメリットに関するまとめ

任意整理のデメリットを見てやっぱり任意整理やめとこうかなと思った方も多いはずです。

ですが任意整理は借金をゼロにする事は出来ませんが、将来利息をカットしたり、あわよくば借金元金を減額出来る事もありメリットも大きいです。
利息がなくなるだけでも毎月の返済がかなり楽になります。

またローンが組めなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりしますが完済後5年経てばローンの審査も通るしクレジットカードも使えるようになります。
任意整理は自己破産と違って財産も守れます。

また例外として信用情報に登録されている期間でもクレジットカードが作れたり、ローンを組めたりするケースが少なからずあります。

信用情報は審査基準の一つに過ぎず、現在の収入、勤務先、勤続年数、資産などを総合的に判断して審査をしているように思われます。

任意整理をした人にクレジットカードを発行してはならない、ローンを組んではならないという法律はありません。
現実任意整理の返済中や返済後5年以内でもクレジットカードの審査に通る人もいます。


ですのでどうしてもクレジットカードを作りたい、ローンを組みたい場合には、申し込んでみるのもアリだと思います。

現在毎月のお支払いが厳しいとお感じになられているようでしたら、信頼できる弁護士か司法書士にご相談されることをお勧めいたします。

>>参考:債務整理経験者の私がおすすめする事務所3社【全社相談0円】

 

タイトルとURLをコピーしました